まほろばで束の間の休息

医学生・若手医師向けに書いていきます. 優秀とはいえない仲間たちへ.

猫も杓子もエビデンス!な、この世の中のエビデンス入門 3選

エビデンスってなんだ

わかりません。

◯◯にはエビデンスがあるんだよ。△△にはエビデンスがない。エビデンスはあるなしで語られることもしばしば。

理想はエビデンスの中身を知っていることです。

中身を知っていれば「エビデンスがない」なんて言葉は出てこないと思います。最低でも「自覚症状を改善したが、死亡リスクは改善しなかった、というエビデンスがある」という感じに。

どんな患者さんを対照にした研究なのか、アウトカムは何に設定されているのか、結果はどうだったのか、妥当性は検証はされているのか…などなど言いはじめればキリがありません。

 

上級医が「✕✕だ!」と言ったら「✕✕なのか〜」と思ってしまいますが、そこはグッとこらえて調べ学習(できたらいいな)。

全てを一次文献から吟味できればいいのですが、そうも言ってられないのが現実。そこで、エビデンスに基づいた医学知識の集積であるUp To Dateで検索するのも手。しかし、有料会員登録していないとネ。

 

エビデンスに強い日本語本

そんなわけで、すぐ使える本を3つ紹介します。

内科診療ストロング・エビデンス

実用的なEBM本。文字は大きく、ページ数は300余りで通読も容易なサイズ感なのがアツい。

まずはEBMの実践方法からはじまります。そして気管支喘息、心房細動、認知症…とcommon diseaseについてのレビューが続きます。

まともな情報がこれだけ容易に手に入ることって他にはないです。普段の臨床行為と乖離していることもあり、自分の行動の妥当性を常に吟味すべきだと思わされました。

内科診療 ストロング・エビデンス

 

谷口 俊文
医学書院
売り上げランキング: 46,614

 

ホスピタリストのための内科診療フローチャート

これはココイチの本です。私は感動しました。まず症候・症候の診療についてフローチャート型式でまとまっており、解説がevidence basedで後述されていきます。内容は非常に実践的であり、わかりやすく、そして妥当性が高い本であると思います。文量もかなりのもので、ストロングエビデンスよりも網羅性が高いです。

医学は果てしない。だからこそ落とし所が必要です。その落とし所になるんだと思います。何気なく診療をこなすことをやめて、いつもここに帰れたらなって考えています。

ホスピタリストのための内科診療フローチャート ―専門的対応が求められる疾患の診療の流れとエビデンス―

 

 

 

Amazon アソシエイト・プログラムアソシエイト・プログラムに参加しています